PHVの実力は、侮れません。

別に石原さとみさんが、大好きだ!っていう訳ではありませんが、PHVの開発を続けていると、その能力の高さに驚かせられます。

PHVですから、家庭用コンセントで充電をしなければその威力は発揮できません。

満充電で、写真のように50km強の走行が可能です。

前のモデルですと、13kmと出て、ひどくがっかりしたものですが、これだとまあまあだなって思えます。

でも、この数字だけで判断してはいけないのがPHVです。

電池だけが走行源であるEVと違い、エンジン走行を併用して走ることが出来ます。

そんなの当たり前でしょって、事なのですが、この50km強のEV走行をバッファとして、ハイブリッド走行すると、60km/Lオーバーという驚異的な燃費で長距離走行が可能なのです。

つまり、各々の特性に応じた走りを選択できるわけです。

例えば、平坦市街地ではSTOP/GOが多く、EVに適した状況です。そして、ある程度の速度に達すればグライダー走行を併用して、電費を稼ぐわけです。

跨線橋の様な、チョットした登りはグライダー走行では無理なので、EV走行で乗り切ると、ガソリンを使わずにいられるのは、ハイブリッド走行の醍醐味ですね。

また、速度が上がった領域では効率がより良いエンジン走行の出番、もちろんグライダー走行を伴ってですね。

そんなことをしながら、EVを小出しにしながらの走行で、今まで見たこともない燃費をたたき出せるのは、快感です。

 

それと、このPHVにはかねてから暖めていた新バージョンのアイデアを組み込みます。

Ver.4ですね。

 

 

チョット判り難いですが、こういう説明があるといいのではないでしょうか。

itc:インテリジェンスクルーズ

acc:純正クルーズコントロール

つまり、純正でレーダー連動クルーズ搭載車両においては、レーダー電動とインテリジェンスクルーズがシームレスに作動するのです。

前走車がいて、レーダーで捕捉した場合は純正のレーダー連動クルーズで、前走車がいなくなってからはインテリジェンスクルーズとなるわけです。

この操作は、純正のスイッチレバーでだけ行われます。

今まで、レーダー連動クルーズとインテリジェンスクルーズの切り分けがマニュアルで行わなければならず、煩雑でした。

まだまだ、細かな開発には熟成が必要ですが、レーダー連動クルーズ車には、大きな快適装備になるオプションです。

 

残念ながら、純正でレーダー連動されていない車には、このVer.4オプションは取り付けられません。

対象車両として、PHVの他にも、カムリ、50プリウス、C-HRハイブリッドなどを考えております。

ご期待ください。

VEZEL ネタ 第2段 ハイブリッド向けCuise GT 近日発売!!

シフトスイッチに続きまして、VEZELハイブリッド用のスロコン『Cruise GT』も近日発売です。

もちろんマイナーチェンジ前後のモデルに対応します。設定がありますので、簡単に切り替えられます。

『Cruise GT』エコグライダーGT+の技術をふんだんに取り込んでいますので、紹介いたします。

①クルーズコントロールが内蔵 :他社の汎用スロコンとは異なり、面倒な配線の必要もなくクルコン走行が出来ます。

②専用カプラーで簡単接続   :取り付けは、全てカプラーONです。車両とはアクセルハーネスとCAN&PWRハーネスの2本だけで接続完了です。他のスロコンのようにブレーキや速度信号を取る必要はありません。それらの信号はCANから取得しますので。

③純正スイッチ連動      :純正スイッチの操作で、スロコンマップを自動切り替えします。ワンタッチで、速さと燃費を切り分けられます。

④燃費向上の秘策 ”エコクルーズ”:クルコン走行中で、長い下り坂などでは、重力のおかげで速度が増しますので、最大で設定速度の+10キロまでエンブレを掛けずに増速を許可します。その為次の上り坂でそのエネルギー分お得になります。もちろん制限速度には充分注意してくださいね。

⑤シフトインジケーター     :走りのホンダは、エンジンを最大に活かす7速DCTを採用しています。それなのに今が何速に入っているのか表示がないのは寂しいですよね。

  

代表で、2速まで掲載していますが、“7th”までしっかりと表示できますよ。パドルを使って走る機会が増えてしまいますね。

⑥シフトアラーム        :どの回転でも、設定可能なシフトアラームが内蔵されます。設定回転数の手前になると、3つのスイッチが点滅し、その後ブザーが鳴ってデジタル表示が点滅します。慣らしや燃費の為等にも設定できますね。

いかがですか、機能満載のスロコン『Cruise GT』は、ドライビングの楽しさと快適さを大幅に引き上げてくれます。

VEZELハイブリッドオーナーの皆様、ご検討ください。

 

 

 

 

シフトスイッチVEZELハイブリッド用のMC適合について

VEZELハイブリッドがマイナーチェンジされましたので、適合を確認です。

 

ご好評をいただいております、シフトスイッチはプログラムの小変更で対応が出来ましたので、近日中にマイナーチェンジ後モデルに対応できるように致します。

設定項目の中に、前期モデルと後期モデルを選ぶようにしますので、該当する方を選んでいただけば、問題なく使えます。

 

おかげさまで、VEZELハイブリッド用のシフトスイッチは、とても好評です。

ここで、どんな魅力ががあるのか、紹介させていただきます。

①インテリアを一新させる、デザイン:見れば納得です。

②カラフルな設定が可能なシフトボタン:7色の中から自由に選べます。

③ワンタッチで確実な操作:純正のPは、押しにくいですよね。それに純正ではエンジン始動直後にDレンジはなかなか入らなくてイラっとしたり、なんてことも解消しました。

④オートブレーキホールド:始動後にBRAKE HOLDをいちいち押さなくても、自動的にホールド機能が使えます。(解除可能)

⑤オートパーキングブレーキ:Pレンジに入れると、自動でサイドブレーキを掛けます。純正のレバーをいちいち引く必要はありません。(解除可能)

この、オートホールドとオートパーキングは、慣れてしまうと元に戻れなく、とても便利なもので、純正のままでは、チョット使いにくいので、ひと手間を減らす工夫をして有ります。

また、雪国など気温が低い地方では凍結することを嫌って、サイドブレーキは掛けないようですので、設定で解除が可能なようにしてあります。

 

シフトスイッチを、ご購入の際は、必ず年式を確認して、マイナーチェンジの前後を把握して、設定していただきますよう、お願いします。

MC後用も、間もなく対応いたします。

 

自動車メーカーも認めたグライダー走行

皆様、ご無沙汰しております。しばらく更新が滞りましてごめんなさい。また、これから情報を更新していきますので、見捨てずに見て行って下さいね。

ところで、現在はカムリのエコグライダーGT+を開発しています。

カムリは、北米での主力車種とも言えかなりの力が入った車です。

正直最初に印象は、あの横に広がったラジエターグリルに馴染めずにいました。

しかし、乗っていると、なかなかいいです。まあ、結構なお値段ですので、いいクルマでないといけませんよね。

全般的な評価は、自動車評論家の皆様にお任せするとして、エコグライダーGT+に関係する項目をお話しいたします。

 

其の1;グライダー走行モードを、標準装備。

写真を見ると、AGCというインジケーターが点いています。

このインジケータは何かを調べますと、Auto Glide Control とありますね。

HPを確認しますと、こんな記載があります。【カムリ 走行制御】

エコモードのところです。そのまま記載すると怒られますので、要約しますと、『アクセルオフ時に、疑似ニュートラル走行となる」という様な記載です。

あれ?これって、エコグライダーの機能である、グライダー走行に酷似しています。

走ってみると、確かに同じように作動します。

では、違いは何でしょうか。

①純正は、アクセルオフだけでAGCが発動します。たいして我々のエコグライダーは、アクセルオフ後のチョイ踏みで発動します。

これは、発動させる操作が万人向けではないという考えから、単なるアクセルオフから、となっているようです。

アクセルオフ時は、疑似ニュートラルですのでエンブレ(回生ブレーキ)の作動はほぼありません。

しかしブレーキを踏めば直ぐにAGCは解除されエンブレ(回生ブレーキ)は復活します。とてもいいシステムです。

では、エコグライダーによるグライダー走行を超えているのでしょうか?

私達は、ドライバーに意図によりグライダー走行が発動します、その為純正よりもさらに踏み込んだ形で制御されています。(後述)

②純正は、エコモードでのみAGCが使われます。エコグライダーでは、条件が許せばドライバーの意図によりノーマルモードやパワーモードでも使えます。

③純正のAGCでは、グライダー走行時にほぼニュートラルなので、回生も放電もしません。その為、グライダー走行中は車速が走行抵抗に負けて低下していきます。

エコグライダーGT+では、バッテリー残量に余裕がある場合に限りますが、グライダー走行中にモーター出力をアップさせて速度低下を防ぐように制御します。

④クルーズコントロール中に、純正はたとえエコモードにしてあってもAGCは作動しません。

クルーズコントロール中の速度の増減を徹底的に排除してこその快適性だと考えれば、純正の設計思想も理解できます。

対して、エコグライダーGT+は、インテリジェンスクルーズコントロールとして作動します。

実は、グライダー走行については、賛否が分かれているのも存じております。

確かに、全ての走行シーンにおいて有効であると、断言するほど我々も天狗にはなっておりません。

全ての走行シーンとは言いませんが、グライダー走行がはまったタイミングでは、かなりの効果を発揮します。

そのことをメーカーさんも認めてくれたように思います。

 

其の2:レーダー連動クルーズで、180KPHまで走行が可能。

今までのクルーズコントロールでは、約115KPHにて設定速度の上限がありました。

そのため、今後の拡大が予想される制限速度の見直しに対応するのは、エコグライダーGT+のインテリジェンスクルーズだけだったのです。

しかし、純正でその上限設定も180KPHまで引き上げられ、しかもレーダー連動で安全性も格段に向上されている訳です。

 

其の3:ターンシグナルの1タッチ3回点滅を可能にした商品、『ユーロウィンカー』が取り付けられない。

最近のクルマは、配線の簡素が一段と進んでおります。

例えば、ウィンカーレバーについている、各スイッチの信号は配線を通して伝わっていったのですが、ついにいきなりブラックBOXに取り込まれています。

そしてCANによりデータとしてウィンカーに伝えられているのです。

即ち、『ユーロウィンカー』を取り付ける、配線はもう存在していないのです。(ピンチです!)

 

まだまだあるのですが、さすが自動車メーカーの作る車です。

目指す車の方向性を見失わずに、しっかりと進化しています。

 

とは言え、我々はどうしましょう。

このまま手をこまねいているばかりでいるしかないのでしょうか?

いえいえ、しっかりと頑張って開発させていただいております。

我々もアフターマーケット向けのパーツ開発メーカーとして、見据えた方向性があります。

次号以降で、どんな開発がなされていくのか、お知らせしたいと思います。

期待してお待ちくださいね。

 

SA大野城御笠川店にて、『ミラリード FAIR』開催です。(11/25-26)

今週末の11/25-26に、福岡のSA大野城御笠川店にて『ミラリード FAIR』開催です。

エコグライダーGT+搭載車両の試乗体験や、ペダルの見張番の体験ができます。

そうそう、隠れた便利ギミックの『ユーロウィンカーキット』も忘れてはいけません。

30プリウスまでは、リレーの交換でウィンカーの3回点滅などを可能にしていましたが、50プリウス以降は出来ません。

しかし『ユーロウィンカーキット』を取り付けると、輸入車と同様にワンタッチで3回の点滅が可能です。

全てその場で実感して、取付けも可能ですよ。

また、3.X2への追加バージョンアップは、もちろんですし、最新のVer.3へのアップグレードもできます。(即日バージョンアップは、3/25のみです。)

九州地区の皆様、是非SA大野城御笠川店にお越しください。

お待ちしております。

 

 

Ver.3X2へのアップデート

中々準備が整わずにいる為、事前情報をお知らせいたします。

現在、エコグライダーGT+シリーズは、Ver.3を発行しており、好評をいただいております。

しかし、Ver.3の初期においては、クルーズコントロール走行中にアクセルと車速との調整が不十分であり、安定した走行がなされませんでした。

一部からは、船酔いクルーズという不名誉な名称まで頂く羽目となってしまいました。

しかし、8月からの対応品に関しては対策と更なる改良を加えた仕様に変更してきています。

それまでに、購入された方、若しくはバージョンアップキットでVer.3にアップグレードされたお客様に関しましては、V3.X2への追加バージョンアップを無償にて行うように進めております。

対象は、以下の方々です。

エコグライダーGT+のコントローラ表示部にVer.表示をさせて、上表に記載されている表示が出た場合は、無償で追加バージョンアップが受けられます。

追加バージョンアップでは以下の項目が、追加および変更となります。

①グライダーモードボタンスイッチの廃止:スロコン制御を含むすべての機能のON/OFFは▲▼ボタンにて行うようになります。

これにより、従来から明るすぎる又は、チラチラして目障りといった問題がなくなる事ともに、このスイッチ破損によるシステム停止を無くしました。

②インテリジェンスクルーズ2の安定性向上:アクセル開度と車速の関係を見直し、本来の滑らかな走行を実現しました。

 

③ECOモードを2モード化:従来の純正のECOより少し早いモードをEC1として復活させ、更に出足をゆっくりとさせたEC2と共に選択できるようにしました。

EC2は、スノーモードとして重宝に使えます。

 

④表示項目にEV率、グライダー+EV率を追加:勝手にEVを装備することによりEV走行をどう生かすかが燃費運転のポイントとなりました。EV関係の指標を追加して目標を分かりやすくしています。

 

⑤起動時、クルーズ時の表示はgEV(グライダー+EV率):起動時に表示される、前回走行時のグライダー率からグライダー+EVとして、燃費運転への意識付けを期待しています。クルーズ時も同様です。

 

上記内容を、追加・変更する、追加バージョンアップを受けると、最終的なバージョンは以下となります。

対象のお客様におかれましては、二度のお手間を取らすこととなり申し訳なく思っております。

今後も、より良き製品つくりに邁進していく所存ですので、なにとぞ今後もご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

『スーパーオートバックスモーターフェスタ in 九州』に、出展いたします。

毎年恒例の、『スーパーオートバックスモーターフェスタ in 九州』が、11月3日の文化の日に、オートポリスで開催されます。

eConceptでも、ブースを構えて出展いたします。

『スーパーオートバックスモーターフェスタ in 九州』

アクセルを踏み間違えて急発進することを防止する『ペダルの見張番』の体験イベントを用意して、お待ちしております。

 

また、エコグライダーGT+のVer.3をお持ちの方には、新たに準備している改良版のVer.3X2を準備して、対応いたします。

Ver.3X2については、別途記載しますが、クルーズ時の安定性を大幅に改善したのみならず、燃費運転の指標となるグライダー率に追加してEV率やEV+グライダー率などの指標を追加しています。これらの数字を基に、どうしたら自分に合った運転で燃費が伸ばせるかを、見極めやすくなっています。

現在、Ver.3の方には無償で、バージョンアップを実施いたしますので、是非当日お声掛け下さいね。もっとも、運転席周りの改造をかなり頑張っていらっしゃって、私が触って元に戻せそうもないなと感じたときは、本体の脱着をご自身にてお願いする場合があります。ご容赦くださいね。

また、発売直後から圧倒的にご指示を頂いているC-HR用のエコグライダーGT+も、緊急生産して持参します。暫く品薄となってしまいますが今回は準備していきますので、この機会にC-HRの秘めたる性能を開放させてみてください。

そうそう、エコグライダーシリーズは、『勝手に!』が合言葉でして、オプションの『勝手にEV』を装着することで、純正のブレーキホールドを自動化する『勝手にホールド』も、便利ですよ。

 

では、オートポリスでお会いいたしましょう。

 

トヨタ車以外のハイブリッドカーにもエコグライダーGT+の技術を広げたい。

当社では、FITハイブリッド用のスロコンとして、『Cruise GT』を販売してきています。

何故、エコグライダーGT+で発売しなかったかというと、疑似ニュートラルにする信号の解読が困難だったからです。

しかし、日々の努力によって、なんとか出来るようになって来ました。

先ずは、e-POWERです。

ご存知のように、月間販売台数トップという座を久しぶりに日産に持ち帰った車です。

リーフで得たノウハウを存分に投入しているので、シンプルなハイブリッド構成として比較的リーズナブルな価格帯にあることが、大きなポイントだと思います。

エンジンは、単なる発電機でして、駆動に直結する機構は有りません。その為に、全域EVとして走るわけです。

乗ってみると、電気モーターによる加速は、爽快な領域にあると言えます。流石は、259N・mのトルクです!

私の基準では、もう少しで胸のすく加速となるのですがね。(この辺は、お得意のスロコン設定で直しましたよ)

既に乗っている方は、ご存知のように思ったほどの燃費がマークできないというのが、残念なところです。

特に、高速域になると悪化する度合いが増えます。

これは、元々がEVでして、エンジンで駆動するメカニズムを持たないが故の問題です。

必ず、ガソリン→エンジンによる発電→バッテリーへの蓄電→バッテリーからの電流放出→モーター駆動という順路をたどるので、どうしてもロスがありますよね。

基本特性として、EVは高速走行で内燃機関に効率が劣りますから致し方ないのもありますが、ここをグライダー走行を利用して燃費を持ち上げようと考えています。

e-POWERユーザーの皆様、お待ちくださいね。

 

 

次に、ホンダのハイブリッドです。

既に、FIT用を『Cruise GT』で商品化していますが、それをエコグライダーGT+化しようと考えています。

FITハイブリッドとVEZELハイブリッドでは、シェフラ―社製の7速DCTを使っています。

非常に高精度であり複雑な制御が要求されているメカニズムです。

高効率なシステムであり、トヨタのTHS-3を超えるかと思われていました。

しかし、実力発揮前に度重なるリコール相次ぎ、残念ながらあまり評価されないでいると思います。

実際に乗ってみると、変速タイミングの悪さが目立ちギクシャクするところがありますけれども、そののびやかな加速やエンジンを感じさせる走りはクルマ好きにはたまらないはずです。

この、7速DCTは燃費も良いのですが、更なるレベルアップをグライダー走行で図っています。

こちらも、もう少しですので期待していたください。

 

C-HR HV用新商品 エコグライダーGT+ EG-1715 リリース!

C-HR HV用新商品 エコグライダーGT+ EG-1715 リリース!

大変お待たせして、その間に多数お問い合わせがありました、C-HR HV用エコグライダーGT+が発売になりました。

特徴1 車両側のドライブモードと連動する7つの走行モードを搭載。

C-HRのドライブモード変更は、インパネ内のモードセレクトで行います。

まるで、変更はしないでね!っていう感じで面倒くさいですよね。

エコグライダーGT+のスロコン機能で、鋭い加速をワンタッチ変更で手に入れられます。

もちろん、純正のドライブモードと併せて使えば、まさに「ちょ~、速い」ですよ。

 

特徴2 専用オプションEGP611を使って、『勝手にEV』と『勝手にホールド』機能が使用可能。

ご好評を得ている、『勝手にEV』でEV走行の機会が各段に増えて燃費を延ばします。

普段の街乗りで20km/Lも行かないとお嘆きの方も多いと思いますが、走り方の工夫で2割向上も夢ではありません。

また、『勝手にホールド』では、渋滞時や信号待ちでブレーキペダルを踏んでおく足を開放できるので、とても便利ですよね。

その機能を勝手にやってくれますから、HOLDボタンを押す必要がありません。

 

特徴3 疑似ニュートラルで走行でき易いグライダー機能で、大幅に燃費アップです。

元々、トヨタ自動車のTHS-3では、動力用モーターの減速比が固定なので高速走行ではモーターの回転数が上がりトルク不足に陥りまして、モーターアシスト能力が落ちます。

時速70キロ前後から、エンジンが停止しない理由の一つにこれがあると思っています。

そういった点から、時速100キロ前後からのモーターアシストは期待できなく、高速域での燃費向上はグライダー走行の利用にかかってきます。

名古屋-大阪間の往復420kmで、30.8km/L の燃費は、このグライダー走行の効果によります。(純正では、21.5km/L)

常に時速100キロ以下のゆっくりとした走行ですが、これだけの効果があればゆっくり走る気になりますよね。

 

という事で、発売されました。

残念ながら、勝手にEVがまだ品切れでして、11月になってから入荷・販売となると思います。

お待ちいただいているお客様もいらっしゃるので、ご予約いただけますとスムーズにお届けできると思います。

エコグライダーGT+を取り付けて、C-HRの秘めたる性能を開放させてください。

 

開発の日々

皆様、お盆はいかがでしたでしょうか?
渋滞の疲れもあるでしょうが、休みの後は溜った仕事ですよね。
私は、お盆期間も開発を詰めてきましたので、4車種の目途が立ちました。
  ①C-HR ハイブリッド
  ②ヴェルファイア  ハイブリッド
  ③シエンタ ハイブリッド
  ④VEZEL ハイブリッド
トヨタの3車種は、エコグライダーGT+ V3です。もちろん、『勝手にEV』も対応します。
VEZELハイブリッドに関しては、『Cruise GT』と『シフトスイッチ』です。
VEZEL用のシフトスイッチは、純正のデザインにマッチしており、シックに演出します。
更に、このシフトスイッチにはBRAKE HOLD機能をオートで行う機能が備わっています。
すなわち、純正の『BRAKE HOLD』をいちいち押さなくてもいいわけです。
信号待ちなどで、ブレーキを踏みっぱなしにしている必要がないので、足が楽チンですから、ぜひ利用したい機能です。
このAUTO BRAKE HOLD機能は、C-HRハイブリッドとヴェルファイアハイブリッドにも展開しています。
『勝手にEV』の機能を使って、可能にいたしました。
特に、C-HRハイブリッドの燃費性能向上は素晴らしく、純正が21.5km/Lであったところを、30.8km/Lと、43%の向上でした。
これは、名古屋から大阪への往復で、8割が高速道路でした。420kmの走行で、この結果が出たのはとても驚きでした。
速度は、法定速度を上回らず、どちらかというと少し下回るくらいでの走行です。
C-HRは、重たいのとそれによる加速の悪さを補う為に、50プリウスに比較してローギヤードな設定になっていますので、燃費面では不利です。
しかし、ギヤリングのせいもあっていい加速をしますので、調子に乗ってアクセルを踏むと一気に燃費が悪化します。
私のようにこらえ性の無い方は、クルーズコントロールの仕様をお勧めします。
エコグライダーGT+に搭載のインテリジェンスクルーズコントロール2は、グライダー走行とEV走行を積極的に取り入れて自動的に走行しますので、燃費を稼ぐのには有効な武器になります。
ということで、本日も、打ち合わせをこなしながら、開発車両を走らせていました。
打合せで、4車種の目途が立ちました~!って報告したら、「はい、おつかれ。残りの車種が8車種あるから、がんばっていこう!」と言う、愛のムチ。
 
ありがたいことです。
で、何故か新型でもないこの車両です。
なんだか分かりますか?
 
20プリウスです。
私も含んで、eConceptの考えは、古いものは使い捨てるというものではないのです。
採算ベースに乗るのかは、判りませんが、まだまだ、多くの20が元気に走っている訳ですので、出来る事なら力になりたいと思うのです。
うまく行くかは、これからですが。出来る限り頑張ります。
ということで、20ユーザーの皆さん、期待してくださいね。