NEWS

シフトスイッチVEZELハイブリッド用のMC適合について

VEZELハイブリッドがマイナーチェンジされましたので、適合を確認です。

 

ご好評をいただいております、シフトスイッチはプログラムの小変更で対応が出来ましたので、近日中にマイナーチェンジ後モデルに対応できるように致します。

設定項目の中に、前期モデルと後期モデルを選ぶようにしますので、該当する方を選んでいただけば、問題なく使えます。

 

おかげさまで、VEZELハイブリッド用のシフトスイッチは、とても好評です。

ここで、どんな魅力ががあるのか、紹介させていただきます。

①インテリアを一新させる、デザイン:見れば納得です。

②カラフルな設定が可能なシフトボタン:7色の中から自由に選べます。

③ワンタッチで確実な操作:純正のPは、押しにくいですよね。それに純正ではエンジン始動直後にDレンジはなかなか入らなくてイラっとしたり、なんてことも解消しました。

④オートブレーキホールド:始動後にBRAKE HOLDをいちいち押さなくても、自動的にホールド機能が使えます。(解除可能)

⑤オートパーキングブレーキ:Pレンジに入れると、自動でサイドブレーキを掛けます。純正のレバーをいちいち引く必要はありません。(解除可能)

この、オートホールドとオートパーキングは、慣れてしまうと元に戻れなく、とても便利なもので、純正のままでは、チョット使いにくいので、ひと手間を減らす工夫をして有ります。

また、雪国など気温が低い地方では凍結することを嫌って、サイドブレーキは掛けないようですので、設定で解除が可能なようにしてあります。

 

シフトスイッチを、ご購入の際は、必ず年式を確認して、マイナーチェンジの前後を把握して、設定していただきますよう、お願いします。

MC後用も、間もなく対応いたします。

 

『スーパーオートバックスモーターフェスタ in 九州』に、出展いたします。

毎年恒例の、『スーパーオートバックスモーターフェスタ in 九州』が、11月3日の文化の日に、オートポリスで開催されます。

eConceptでも、ブースを構えて出展いたします。

『スーパーオートバックスモーターフェスタ in 九州』

アクセルを踏み間違えて急発進することを防止する『ペダルの見張番』の体験イベントを用意して、お待ちしております。

 

また、エコグライダーGT+のVer.3をお持ちの方には、新たに準備している改良版のVer.3X2を準備して、対応いたします。

Ver.3X2については、別途記載しますが、クルーズ時の安定性を大幅に改善したのみならず、燃費運転の指標となるグライダー率に追加してEV率やEV+グライダー率などの指標を追加しています。これらの数字を基に、どうしたら自分に合った運転で燃費が伸ばせるかを、見極めやすくなっています。

現在、Ver.3の方には無償で、バージョンアップを実施いたしますので、是非当日お声掛け下さいね。もっとも、運転席周りの改造をかなり頑張っていらっしゃって、私が触って元に戻せそうもないなと感じたときは、本体の脱着をご自身にてお願いする場合があります。ご容赦くださいね。

また、発売直後から圧倒的にご指示を頂いているC-HR用のエコグライダーGT+も、緊急生産して持参します。暫く品薄となってしまいますが今回は準備していきますので、この機会にC-HRの秘めたる性能を開放させてみてください。

そうそう、エコグライダーシリーズは、『勝手に!』が合言葉でして、オプションの『勝手にEV』を装着することで、純正のブレーキホールドを自動化する『勝手にホールド』も、便利ですよ。

 

では、オートポリスでお会いいたしましょう。