パワーメモリCPU

C-HR用のエコグライダーGT+開発中です。

発売以来、大人気のC-HR です。街でも見かけることが多くなりまして、流れるウィンカーがなんとなく優雅に見て取れたりします。

eConcept でも、開発車両を購入してエコグライダーGT+の開発に使っています。

 

どこかで見たことがある!っていう方もいらっしゃるかもしれませんね。

RAYSさんへ車両貸し出しもしておりまして、パンフレットや展示に使われています。

ちょっと目立ちますので、気恥ずかしく運転していたりしますよ。

うん?RAYSさんとコラボしていて、なんでノーマルホイールなの!? それは、私が運転するとガリ傷つけちゃうからです。っていうのと、エコグライダーGT+は、燃費を延ばす機能がありますので、なるべく純正ノーマル状態でセッティングして偏らないようにしていきたいという考えなのです。特にタイヤ&ホイールの燃費寄与率は高いですからね。

 

 

さて、前置きが長くなりました。

C-HRの開発ですが、ほぼ完成しておりまして写真のように動作しております。

ネタをばらしますと、50プリウスのエコグライダーGT+で動作します。(保証しませんよ。)

実際に、50用のエコグライダーGT+を購入されて取り付けている方もいらっしゃるようです。

たまたま、今回は使えましたが、本来は絶対にやめてほしいのです。というのも一番危険なのがクルーズコントロール中にブレーキを踏んだ際に立つ、ブレーキフラグが車種ごとに異なる場合がありますから。ブレーキ踏んでクルコン解除にならなければいけないのに、他車種のモノを付けると、そのフラグが違うので認識できずクルコン走行を継続してしまいますので。必ず、車種にあったものをお使いいただきたく思います。。

では、C-HRは50用と共用でいいのではないか? と言われそうですが、いくつか操作性に問題がありますのでその辺りを変えています。

①スロコンの切り替え

エコグライダーGT+では、スロコンの切り替え(PWR ノーマル ECO)の3段階を、純正スイッチに連動させています。

しかし、C-HRでは、その切り替えスイッチが車にないのです。代わりにドライブモードの切り替えは、インパネ内のディスプレィを使って切り替えます。

こんな感じで、個人的にはちょっぴり面倒だなって感じますけどね。

したがって、今までとは変わりまして、エコグライダーGT+側でスロコン操作は直接行うようにしました。

図で示すとこんな感じですね。

➁勝手にEVオプション使用時の機能が異なります。

1)PWRモードのラストメモリー機能が無くなります。

ドライブモードの選択が電気的なスイッチではなく、ドライバーが画面で選択する方式になりましたので、勝手にEVでのラストメモリーは出来なくなりました。

2)BRAKE HOLD機能を自動化します。

ラストメモリー機能が無くなって、気落ちされた方もいらっしゃるかもしれませんが、その信号線を使ってBRAKE HOLDを自動化します。

BRAKE HOLDって何?っていう人もいるかもしれませんが、純正でついているとても便利な機能です。

このまん中のボタンです。

ハイブリッドシステムがREADYになってから、シートベルトを締めた後に、このボタンを押すと信号待ちなどで停止している間中ブレーキペダルを離してもブレーキを維持したままになり足が自由になるので楽なのです。

しかし、このボタンを押す事を結構忘れます。

ということで、勝手にEVオプション取付で、このBRAKE HOLD機能がAUTOになり、AUTO BRAKE HOLD機能となります。

もちろん、システムREADY後にシートベルト装着をしてからでないと、この機能は働きませんがね。

 

③スポーツモードの出足を少し緩めようかと考えています。

C-HRは、50プリウスよりも50kg以上は重いようでして、それによる加速の鈍さを補うためにファイナルギヤ比が1割程度ローギヤードに設定されています。

その分、ノーマルモードでも過不足ない加速を得られますね。

しかし、エコグライダーGT+のスポーツモードと掛け合わせると首がっくんとなりがちなのです。

ということで、出足を少しだけソフト目にしようかなと調整中です。

 

ということで、C-HR用のエコグライダーGT+を開発していますのもうしばらくお待ちください。

 

 

『Ver.3』先行バージョンアップサービスを実施します。 【4/29-30:SA大野城御笠川店】

いよいよ、エコグライダーGT+に50プリウス用で好評を博している、Ver.3を投入開始し始めました。先ずは、アクア/ノア・ボクシーでそれぞれ発売です。

そのVer.3を、30プリウス/40アルファ/アクア/ノア・VOXY・エスクァイアにも展開を計画しています。

今回は、特別にSA大野城御笠川店の9周年イベントを祝して、先行バージョンアップサービスを2日間限定で実施します。

Ver.3は、Ver.1の着想とVer.2の信頼を併せ持って、さらに進化させた、最終バージョンです。

(すみません、この言い回しは、『1号の技と2号の力を 併せ持った仮面ライダー3号・V3』からパクりました。)

Ver.3では、6点の変更があります。

①オプションの【勝手にEV】が使用可能になります。

   ・いつも押しても拒否される、EVボタンですがエコグライダーGT+が使えるチャンスを逃さず把握しているので、EVモードを積極的に利用して燃費を延ばします。

   ・ドライブモードの【PWRモード】を記憶して、エンジンオフオン後も自動的に最終状態のドライブモードからスタートし、押し忘れを防ぎます。(アクアには、PWRモードが無いために使えません。)

 ②クルーズコントロールがより滑らかになり、燃費向上を図った、【インテリジェンスクルーズコントロール2】に進化

 ③クルーズコントロール中の、自動ブレーキ作動に対応し、即座にクルーズコントロールを解除。トヨタセーフティーセンスに対応しています。

 ④OBD2コネクターを使わずに、CAN&PWRハーネスを使用しますので、足元のOBD2コネクタは使いません。不用意な抜けや接触不良による誤動作を無くします。

 ⑤急ブレーキを検出した後の停車にて、ドアロックを解除。クラッシュ時にドアロックを外すのに時間がかかり閉じ込められるのを防止します。(クラッシュ時の衝撃により、機構が破損している場合は働かない場合があります。)

 ⑥30プリウスのみ、リバースギヤ使用時にハザードランプが連動し点滅します。

これらの、Ver.3へのバージョンアップには、ソフトウェアの更新とハードウェアの改造が必要になり、一度弊社に本体を送っていただき実施後に返却という事を計画しています。しかし、本体を外すだけでアクセルハーネスを残してしまうと、エンジン始動にハイブリッドエラーが出てしまうために、その対策準備などでサービス開始が遅れています。また、ほんサービスは有償です。

 

しかし、今回の特別バージョンアップサービスでは、【勝手にEV】購入者に限り、無償で対応させていただきます。但し、上記変更点の【④OBD2コネクターを使わずに、CAN&PWRハーネスを使用。】に関しては、該当せずに従来のままの接続となります。CAN&PWRハーネスは、間もなく該当するものを発売いたしますので、別途お買い求めしていただきたいと思います。

その他も含んで、予定しておりますサービスは以下の通りです。

特別限定サービス①

・【勝手にEV】購入で、Ver.3へのアップグレード実施。(CAN&PWRハーネスは無し) ;対象車両は30プリウス/40アルファ/アクア/ノア・VOXY・エスクァイア

・取り付け工賃サービス

特別限定サービス②

・当日エコグライダーGT+シリーズ購入者で、FBのeConceptページに「いいね」をしてくれた場合、アクセルハーネスを無償サービス。

・取り付け工賃サービス

・Ver.3へアップグレードをサービス。

 

どうですか、お得でしょ。

当日は、混雑が予測されますので、本サイトもしくはFBのeConceptページにてご予約いただけると、スムーズに実施できます。

皆さんお待ちしております。

 

☆☆☆ 本サービス対応時間 ☆☆☆

4/29 土曜日 10:00~14:00

4/30 日曜日 10:00~17:00