2018年 3月 の投稿一覧

PHVの実力は、侮れません。

別に石原さとみさんが、大好きだ!っていう訳ではありませんが、PHVの開発を続けていると、その能力の高さに驚かせられます。

PHVですから、家庭用コンセントで充電をしなければその威力は発揮できません。

満充電で、写真のように50km強の走行が可能です。

前のモデルですと、13kmと出て、ひどくがっかりしたものですが、これだとまあまあだなって思えます。

でも、この数字だけで判断してはいけないのがPHVです。

電池だけが走行源であるEVと違い、エンジン走行を併用して走ることが出来ます。

そんなの当たり前でしょって、事なのですが、この50km強のEV走行をバッファとして、ハイブリッド走行すると、60km/Lオーバーという驚異的な燃費で長距離走行が可能なのです。

つまり、各々の特性に応じた走りを選択できるわけです。

例えば、平坦市街地ではSTOP/GOが多く、EVに適した状況です。そして、ある程度の速度に達すればグライダー走行を併用して、電費を稼ぐわけです。

跨線橋の様な、チョットした登りはグライダー走行では無理なので、EV走行で乗り切ると、ガソリンを使わずにいられるのは、ハイブリッド走行の醍醐味ですね。

また、速度が上がった領域では効率がより良いエンジン走行の出番、もちろんグライダー走行を伴ってですね。

そんなことをしながら、EVを小出しにしながらの走行で、今まで見たこともない燃費をたたき出せるのは、快感です。

 

それと、このPHVにはかねてから暖めていた新バージョンのアイデアを組み込みます。

Ver.4ですね。

 

 

チョット判り難いですが、こういう説明があるといいのではないでしょうか。

itc:インテリジェンスクルーズ

acc:純正クルーズコントロール

つまり、純正でレーダー連動クルーズ搭載車両においては、レーダー電動とインテリジェンスクルーズがシームレスに作動するのです。

前走車がいて、レーダーで捕捉した場合は純正のレーダー連動クルーズで、前走車がいなくなってからはインテリジェンスクルーズとなるわけです。

この操作は、純正のスイッチレバーでだけ行われます。

今まで、レーダー連動クルーズとインテリジェンスクルーズの切り分けがマニュアルで行わなければならず、煩雑でした。

まだまだ、細かな開発には熟成が必要ですが、レーダー連動クルーズ車には、大きな快適装備になるオプションです。

 

残念ながら、純正でレーダー連動されていない車には、このVer.4オプションは取り付けられません。

対象車両として、PHVの他にも、カムリ、50プリウス、C-HRハイブリッドなどを考えております。

ご期待ください。

VEZEL ネタ 第2段 ハイブリッド向けCuise GT 近日発売!!

シフトスイッチに続きまして、VEZELハイブリッド用のスロコン『Cruise GT』も近日発売です。

もちろんマイナーチェンジ前後のモデルに対応します。設定がありますので、簡単に切り替えられます。

『Cruise GT』エコグライダーGT+の技術をふんだんに取り込んでいますので、紹介いたします。

①クルーズコントロールが内蔵 :他社の汎用スロコンとは異なり、面倒な配線の必要もなくクルコン走行が出来ます。

②専用カプラーで簡単接続   :取り付けは、全てカプラーONです。車両とはアクセルハーネスとCAN&PWRハーネスの2本だけで接続完了です。他のスロコンのようにブレーキや速度信号を取る必要はありません。それらの信号はCANから取得しますので。

③純正スイッチ連動      :純正スイッチの操作で、スロコンマップを自動切り替えします。ワンタッチで、速さと燃費を切り分けられます。

④燃費向上の秘策 ”エコクルーズ”:クルコン走行中で、長い下り坂などでは、重力のおかげで速度が増しますので、最大で設定速度の+10キロまでエンブレを掛けずに増速を許可します。その為次の上り坂でそのエネルギー分お得になります。もちろん制限速度には充分注意してくださいね。

⑤シフトインジケーター     :走りのホンダは、エンジンを最大に活かす7速DCTを採用しています。それなのに今が何速に入っているのか表示がないのは寂しいですよね。

  

代表で、2速まで掲載していますが、“7th”までしっかりと表示できますよ。パドルを使って走る機会が増えてしまいますね。

⑥シフトアラーム        :どの回転でも、設定可能なシフトアラームが内蔵されます。設定回転数の手前になると、3つのスイッチが点滅し、その後ブザーが鳴ってデジタル表示が点滅します。慣らしや燃費の為等にも設定できますね。

いかがですか、機能満載のスロコン『Cruise GT』は、ドライビングの楽しさと快適さを大幅に引き上げてくれます。

VEZELハイブリッドオーナーの皆様、ご検討ください。

 

 

 

 

シフトスイッチVEZELハイブリッド用のMC適合について

VEZELハイブリッドがマイナーチェンジされましたので、適合を確認です。

 

ご好評をいただいております、シフトスイッチはプログラムの小変更で対応が出来ましたので、近日中にマイナーチェンジ後モデルに対応できるように致します。

設定項目の中に、前期モデルと後期モデルを選ぶようにしますので、該当する方を選んでいただけば、問題なく使えます。

 

おかげさまで、VEZELハイブリッド用のシフトスイッチは、とても好評です。

ここで、どんな魅力ががあるのか、紹介させていただきます。

①インテリアを一新させる、デザイン:見れば納得です。

②カラフルな設定が可能なシフトボタン:7色の中から自由に選べます。

③ワンタッチで確実な操作:純正のPは、押しにくいですよね。それに純正ではエンジン始動直後にDレンジはなかなか入らなくてイラっとしたり、なんてことも解消しました。

④オートブレーキホールド:始動後にBRAKE HOLDをいちいち押さなくても、自動的にホールド機能が使えます。(解除可能)

⑤オートパーキングブレーキ:Pレンジに入れると、自動でサイドブレーキを掛けます。純正のレバーをいちいち引く必要はありません。(解除可能)

この、オートホールドとオートパーキングは、慣れてしまうと元に戻れなく、とても便利なもので、純正のままでは、チョット使いにくいので、ひと手間を減らす工夫をして有ります。

また、雪国など気温が低い地方では凍結することを嫌って、サイドブレーキは掛けないようですので、設定で解除が可能なようにしてあります。

 

シフトスイッチを、ご購入の際は、必ず年式を確認して、マイナーチェンジの前後を把握して、設定していただきますよう、お願いします。

MC後用も、間もなく対応いたします。